業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

自宅の防犯対策を考えていますが、どんなものがありますか?

最近、近所で空き巣が相次いでいます。
そこで、防犯を強化したいと思い、色々調べているのですが、自宅の防犯って何をすればいいのか、イマイチわかりません。
思いつくのは防犯カメラなんですが、防犯カメラを設置したところで結局防犯に繋がるのかどうかは疑問です。
具体的な、防犯の方法があったら、教えて欲しいです。

回答

空き巣が嫌がるようなことをするのが防犯です


ご自宅の防犯が、空き巣対策ということであれば、基本的には空き巣が嫌がることをするのが一番です。
空き巣というのは、当然ですが留守を狙って自宅に入ります。
ということは、当然ですが、留守になる時間帯を知っているということです。
つまり、事前に下調べをして、あなたの家が留守になるタイミングを把握した上で、計画的に空き巣に入っているのです。
ドラマやテレビなどで出てくるような、深夜の時間帯で人が在宅しているときに家に侵入する空き巣はほぼいません。
なので、最も効果の高い防犯対策は、ホームセキュリティに加入することです。
ホームセキュリティならば、留守中であれば、玄関から侵入してもわかってしまうので、ホームセキュリティに加入している家は、空き巣はまず避けます。
ホームセキュリティが難しいということであれば、次におすすめなのが、防犯カメラです。
防犯カメラ自体は、空き巣の抑制にはうってつけです。
空き巣というのは、下調べをした上で、死角になる場所や人が来ないような時間帯を把握しています。
なので、防犯カメラがあって、不審者として映ってしまうと、すぐに逮捕されてしまう可能性が高いので、防犯カメラがあるというだけで、牽制になるのです。
突発的に空き巣に入るような犯人相手には通用しませんが、プロの空き巣対策にはなります。
近所で空き巣被害が相次いでいるということなので、防犯カメラを設置すること自体、犯人逮捕の証拠に繋がる可能性もあるので、ホームセキュリティとの契約が難しければ、防犯カメラをおすすめします。
あとは、単純な戸締りはもちろん、ダブルロックをしっかりかけたり、昼間でも出かける時は雨戸をしておくなど、空き巣が少しでも手間と感じるようなことをすることは防犯対策にあります。
一方で、雨戸を常にしておくと、留守ですと行っているようなものなので、これは一長一短ですが、こういった細かいことが防犯対策になるので、面倒がらずにやることをおすすめします。

PageTop