業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

アパートの正しい防犯対策とは?

老後のために、退職金をこれまでの貯金の半分以上をかけて、アパートを建てようと計画しています。
まだ定年までは多少時間があって、いろいろな資産運用の方法を模索して、実際に少額ですが株やFXなども試してみましたが、自分には才能が全くないみたいで、投資したお金はあっと間になくなり、特にFXでは散々な目に遭ってしまいました。
やはり不動産投資が最も安全だと思えて、中古のマンションやアパートの購入も考えましたが、新築なら20年近くは安定した家賃収入が得られる可能性も高いし、木造のアパートなら投資をしても多くの貯金を残せるので、アパート経営が自分にとってはベストな方法だと考えた次第です。
立派なマンションに比べると、建物の造りの面からしても十分なセキュリティ対策をとることはできないと思いますが、駐輪場や駐車場も含めてできるだけ多くの防犯カメラを設置して、玄関ドアはオートロックにすればアパートとしては入居者にとってかなり魅力的な防犯対策になると思うのですが、その点に関するご意見と、その他にも可能な防犯対策があれば是非ご指導いただけないでしょうか?


回答

費用をあまりかけずにできる防犯対策はいろいろあります。


見える部分に数多くの防犯カメラがあることで、入居者への大きな安心感にもつながり空室リスクも空き巣や泥棒に入られるリスクも大幅に軽減させることができます。
オートロックも、空き巣対策などにはかなり大きな効果を発揮し、泥棒の侵入を防ぐことができます。
ただし、防犯カメラもオートロックも100%不審者の侵入を防げるものではなく、一度でもアパート内で空き巣などの被害が発生すると、入居者への防犯に対する安心感は簡単に崩壊してしまいます。
ということで、防犯カメラとオートロックに加えて、できるだけお金をかけなくてもできる、精一杯の対策をとりましょう。
アパートを建設する場所選びもとても大事なポイントで、人通りの多い場所や、警察署や交番の近くが特におすすめです。
玄関周りの他にも、ベランダからも泥棒が侵入する確率が高いので、玄関とベランダ周辺の防犯対策に力を入れることをおすすめします。
サッシ窓にはあまり費用をかけなくてもできる、補助錠や防犯フィルムなどを設置したり、ベランダの庭にはセンサーライトを取り付けることでも、大きな負担なく効率的な防犯対策ができます。

PageTop