業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

防犯性の高い鍵とその選び方は?

ずっとマイホームを建てることを夢見てきましたが、思うように貯金ができなくて、来年子供も小学校に進学するので、無理して家を新築して住宅ローンに苦しめられるよりは、中古住宅を購入して、今後の負担も軽減させた方がいいという結論に達しました。
これから一生住もうと思っている家なので、妻とも良く相談して、かなり時間もかけてここだと思える物件をようやく見つけて、契約が迫っている状況です。
それなりに築年数が経っている家で、戸建て住宅となるとどうしてもセキュリティ面が心配で、空き巣や泥棒に入られてから後悔するのは嫌なので、引越し前には防犯性の高い鍵に交換しようと思っているのですが、泥棒が入るルートとしては、玄関以外にも、窓や勝手口などがあり、その全ての防犯性を高めたいと考えています。
そこで質問なのですが、それぞれのポイントで防犯性の高い鍵と、その選び方を教えて欲しいので、よろしくお願いしたします。
ちなみにこれまでは、セキュリティがしっかりしたオートロック付のマンションに住んでいました。
お金に余裕ができたら、ホームセキュリティの導入も考えていますが、とりあえず鍵の交換でしのいでおく予定です。


回答

構造が複雑な鍵と交換しましょう。


ホームセキュリティサービスにもいろいろなプランがあって、毎月安い料金で利用できるサービスもありますので、できるだけ早い段階でサービスを導入されることをおすすめします。
玄関ドアに関しては、ワンロックやピンシリンダーのようなシンプルな鍵で、劣化が目立つものが防犯性が低く、泥棒に狙われやすくなりますので、ツーロック以上で、指紋認証型やディンプルキーなど、鍵のつくりが複雑なものへの交換をおすすめします。
勝手口に関しても同様で、ワンロックよりはツーロック、簡易な鍵よりも複雑なものに交換しましょう。
サッシ窓に関しては、単純に鍵の数を増やすことでも防犯性を高まることができ、通常のサムターン錠よりも、ロック機能がある方が安心です。
また、泥棒に侵入される可能性が高い窓だけでも、防犯ガラスにしたり、シートなどを貼って対策することを推奨します。
すべてに共通することは、見た目で鍵の構造が簡易な場合は泥棒に狙われやすくなり、鍵自体にロック機能があるものが好ましいです。
鍵穴が劣化している場合も注意が必要なので、信頼できる鍵屋さんにしっかり相談して、防犯カメラの導入も考えましょう。

PageTop