業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

ストーカーからの防犯対策の方法は?

今度一人娘が、大学進学のために一人暮らしをすることになりました。
親としてはとても心配で、特に主人は都会は危ないという理由で、一時は仕事を辞めて家族で上京することも真剣に考えて、何とかそれは思いとどまらせたのですが、最近では一人暮らしの女性が知らない人からでもストーカーされる事件があるから、自分でセキュリティ性の高いマンションを見つけて契約をして、定期的に自分が監視のために泊まりにいくことも公言しています。
自分も一人暮らしをした経験があるので、娘からすれば過度な心配は迷惑なことは重々承知しているのですが、やはり昔と今とでは危険度もだいぶ違うと思うし、実際にストーカーなどに殺された事件も起きているので、主人とまではいかなくても、娘に自分でできるだけの防犯対策は教えたいと思って質問させていただきます。
一人暮らしの女性ができる防犯対策を、なるべく多く教えてください。


回答

危険意識をしっかり持たせてできる限りの対策を。


日本人は他の国の人たちと比べて非常に防犯意識が低いため、大事な娘さんを一人暮らしさせるのであれば、できる限りの防犯対策と一人暮らしの危険性を、親としてしっかり教えてあげましょう。
ストーカーになるのは付き合っていた彼氏だけだと思っている方も多いようですが、今ではSNSなどから個人情報が盗まれて、知らない人からでもストーカーされるケースも多くなっています。
SNS以外でも自分の連絡先を簡単に教えないようにして、マンションの鍵はもちろんきちんとかけて、郵便物もこまめに回収させるようにしてください。
ゴミも、住所や電話番号やメールアドレスが入っているようなものはハサミやシュレッダーにかけてから捨てましょう。
ネット上でも、個人情報はできるだけ公開しないように注意させましょう。
女性の一人暮らしはどうしても狙われやすいので、表札は出さない、もしくは苗字だけにして、カーテンも可愛いものは避けて、下着は外に干さないことを徹底させましょう。
いきなり玄関のチャイムが鳴った場合は絶対に出ないようにして、特に都会では犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。
ストーカーだけではなく、空き巣や泥棒対策として、玄関の鍵や窓の防犯対策は強化した方がよく、専門業者に頼まなくても、今では自分たちでも対策できる防犯グッズがたくさん販売されているので、一人暮らしをはじめる前にできる限りのことをしてあげましょう。

PageTop