業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月05日 [FAQ]

鍵穴から鍵を作ることは可能なのでしょうか?

私はよく何かを失くしてしまうことが多く、幸い大事なものを失くした経験はないのですが、これから先ひょっとしたら鍵を失くしてしまうことがあるかもしれないと思うと不安になってしまいます。
もし鍵を失くしたときには鍵の業者を頼りたいと考えているのですが、そのときに鍵穴から鍵を作ってもらえるという話を聞いたことがあって、これは果たして可能なのか、どうやって鍵穴から鍵を作り出すのか教えてください。

回答

鍵穴の番号をみることで鍵の種類を特定できます


鍵を失くしたとしても、鍵穴を確認することができるならば、そこから新しい鍵を作成することは可能で、これは鍵穴のなかに番号が記されていて、これをチェックすることによって、その鍵の種類を特定することができるからです。
専門業者であれば特別なスコープを用いることによって、鍵穴の中を覗くことができて、そこに書かれている数字を確認することで、どんな鍵が使われているのかを見極め、それをもとにして新しい鍵を作るのです。
また、鍵の種類が分かっただけでは鍵を作ることはできず、さらにブランクキーという削られる前の状態の鍵を用いて、これを鍵穴の中に差し込み、それについた傷を削り出しながら新しい鍵を作っていきます。
この作業をすると数十分足らずで新しい鍵を完成させることができるのですが、簡単にできるわけではなくて、専門業者に在籍して専門技術を持っているスタッフだからこそ可能となり、鍵の複製にはある程度の費用がかかるのです。
鍵穴を見てその構造を把握して、そこから鍵を製作するのは高い技術力が要求され、完成した鍵についてもオリジナルにどれだけ近いのかは作る人の技術によって大きく異なります。
基本的にどのような鍵であっても、鍵穴をチェックして、ブランクキーを差し込み傷をつけて削っていくという流れは同じであり、玄関ドアの鍵だけではなく、車やバイクなどに使われている鍵であっても、鍵穴さえチェックすることができれば、鍵を作ることができます。
鍵を作る業者の技術力にはそれぞれ大きな差があるため、これから鍵を作ってもらいたい人は、業者選びを慎重に行うことが大事であり、口コミをチェックしたり、業者のホームページを確認したりして、できるだけいろいろな情報を集めてから業者の選定をしましょう。
信頼できる鍵の業者を見つけられれば、その業者はこれから鍵に関するさまざまなトラブルのときに頼りになる存在となります。

PageTop